イタリア好き
イタリアかぶれがイタリアの車、自転車、旅行、イタリア語などの日本にいて楽しめるイタリアをご紹介。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
懐かしいカルチョの国イタリア!
イタリア代表

 生まれが静岡なのでもちろんサッカーをやって育ちました!

だから、フィレンツェにいた時はよくフィオレンティーナの試合を見に行きました。

イタリア語でサッカーはカルチョです。



イタリアかぶれなサッカー好きは知っていると思いますが、

チームカラーでの別名が存在します。

例えば、アズーリはイタリア代表の事。

これはサッカーだけでなく、バレーとか他のスポーツでも

イタリア代表の事をアズーリと言います。基本的に代表のユニホームが青いから。


本田のいるACミランはロッソネーロ。

長友のいるインテルはネッラズーロ。

フィオレンティーナはヴィオラ。

ユベントスはビアンコネーロ等々。



フィレンツェにいたのでヴィオラの試合を良く見に行きました。

私がいた1996年のヴィオラには良い選手が沢山いました。

バティストゥータ、ルイコスタ、トルドなど。

監督は、岡崎が活躍しているところ、レスターのラニエリ監督でした。

この年ヴィオラがコッパイタリアで優勝しました!
フィオレンティーナ

この時は、夜遅くまでフィレンツェの人達と街中で騒ぎ続けました。



一番、記憶にある試合は、フィレンツェのホームで

ユベントス対フィオレンティーナの試合です。

ユベントスとフィオレンティーナのサポーターは物凄く仲が悪いです。

これは有名な話ですが、原因ロベルトバッジオです。

フィオレンティーナからユベントスの移籍問題でかなり険悪です。

この試合を見たかった私はダフ屋からチケットを購入したのですが、

最悪なことに、フィオレンティーナの席でなく、ユベントスの席。

しかも、フィオレンティーナの応援に行っていたのでシャルパ(マフラー)は

フィオレンティーナのカラー紫(ヴィオラ)。

直ぐにシャルパを隠し。ばれない様に席に着いたのですが怖かったです。

コイン、つぶれたミカン、ふたの空いたペットボトル、発煙筒等々、

フィオレンティーナのサポーターから飛んできて試合どころではなかったです。

しかもユベントスの選手がスタジアムに着いた時に

石をバスに投げつけ乗っていた、当時の代表キーパーの

ペルッツィ―がケガをしたりと散々でした。

試合の勝ち負けは覚えていません。


この試合の帰り道、フィオレンティーナのサポーターが暴れて

警官隊と激突!

シールドでガードする警官隊に一斉に瓶、発煙筒を投げつけたりとすごかったです。

その横をおそるおそる歩いて帰ってきました。

ティホージ

日本ではまず経験しません。



最近はあまりサッカーを見ませんが

セリエAに元気がない感じがして寂しいですね~



コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。